法律の専門家に聞いてみよう

取引に対しての法律について

金融取引をする場合には様々な法律が関わり、正確に理解しておくことが大切であり、自己を守ると同時に利点として活用することも出来ます。
証券取引をする場合には金融商品取引法を知っていることが必要となり、口座開設の際などに確認をすることが大切です。
特にインサイダー取引については、法律を知らずに行ってしまうと逮捕されるなどの罰則があるため、明確に知っておくことが大切です。
また、法律は随時変わっていくため、その都度知っておくことが必要です。
逆に法律を知っていることによって利益をえることが出来る方法もあります。
消費税については税金が増えるということに対しての意識が行きやすいですが、金の取引をする場合には逆に消費税を利点として活用することが出来ます。
金の取引をする場合には購入する時に消費税分を支払って買い付けを行います。
一方で売却をする場合には消費税分を含めた金額を受け取ることになります。
その背景には金の取引には税金がかからないため、その分が還付される仕組みですが、税金が低いうちに購入して高い時に売却をすればその分の差額は利益として得ることが出来ます。
もちろん、金自体の値段が変わるため、確実に利益を得る方法ではないですが、長期的に保つ場合には税金分が利益になるため、有効な投資方法です。
また、こういった税金が変わるタイミングで多くの人がこの変更に対して認識を持つため、一定の方向に値段が動きやすい傾向があります。
そのため、早めにその投資を行っておくことで先回りをすることが出来、税金の分以上の利益を出すことが可能となります。
こういったことは多くの人が認識しているほど、実際には理論通りの動きをせず、制度変更を利用して利益を上げることを画策します。
そういったことを考えると、いつのタイミングで売買をすればいいかは難しい判断になりますが、しっかりとタイミングを捉えると、利益を上げやすくなり、法律を知っていることが有効になります。